ベイカー茉秋に彼女はいる?出身中学についても!

ロンドンオリンピックでは金メダル確実とされていた男子柔道が金メダルゼロという結果に終わりました。

今回のリオ五輪では絶対に金メダルを取ってもらいたいと思います。

そんな男子柔道のなかで注目されているのがベイカー茉秋選手です。

今回はベイカー茉秋に彼女はいるかや出身中学について調べてみました!

Sponsored Link

ベイカー茉秋選手のプロフィール

名前 ベイカー茉秋(べいかーましゅう)

生年月日 1994年9月25日

血液型 A型

出身地 東京都

身長 178cm

柔道と出会ったきっかけが意外でビックリの茉秋選手です!

ピアノの先生からの勧めで柔道を始めたそうです。

説明しますと、ピアノを弾く姿勢が猫背でとても悪かった為猫背を矯正するために柔道をやるのが良いと先生から勧められたそうです!

柔道の「正座」が猫背を治すのに良いと考えてのことだったそうです。

でもピアノから柔道とは誰も考えていなかったでしょう。

ピアノの先生の勧めがなかったら茉秋選手は柔道をやっていなかったでしょうね。縁というのは不思議です。

6歳のときに、講道館の春日柔道クラブで柔道を始めました。

ベイカー茉秋選手の出身中学について!

現在、19歳で今年20歳になる茉秋選手は、東海大学に在学しています。

出身中学校は、東京都文京区立第一中学校です。

この頃は軽量級選手で、全国大会の出場は一度もありません。

最高記録は都大会での準優勝。

当時は、強くありませんでした。

ビックリしたのは東海大学付属浦安高校入学時の体重は60kgしかなく、初めは66kg級の選手でした。

今は90kg級です!

24kg増えた体重はいつから?

茉秋選手は団体戦で戦うために1日7食の食事とウエイトトレーニングに取り組んで81kg級まで階級を上げたそうです。

筋肉をつけるだけでは痩せてしまうので、筋トレに加えて7食の食事を食べていたそうです。

しかも泣きながら食べていたそうです。

高校に入学からは、結果として30kgの増量をし、肉体改造に成功しました!

握力は75キロあります!

結果、高校2年生のインターハイ個人戦では3位の記録を残しました。

更に90kg級に階級を上げると、高校選手権では個人戦でオール一本勝ちします。

東海大学進学後は2013年グランドスラム・東京で優勝。

2014年のグランドスラム・パリでは3位の結果でした。

世界選手権代表にも選出され今後の活躍が期待されています!

Sponsored Link

ベイカー茉秋の彼女について!

2年ほど前には彼女とのデートといったような内容のことが

ツイッターにありました!

場面で彼女と岩盤浴に行ってきた。体重も87キロになったし来年も減量なしかな

返信をしている女性が、

彼女ではないかと思います。

かなりの美人さんで、彼女もハーフっぽい雰囲気です。

彼女と過ごしているツイートも多く、隠すことなくオープンなお付き合いをしていたようです。

現在は彼女についての内容はあんまりわからなくて、今もこの時の彼女とはお付き合いをしているのか、もう別れてしまっているのかははっきりとはわかりませんでした。

まとめ

高校生で24キロの体重を増やすのは泣きながらになると思います。

結果として強い選手になって良かったです。

現在の彼女がいるのかはっきりわからず残念です!

今後の茉秋選手の柔道からは目が離せません!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする