男子バレー出耒田(できた)敬の経歴は?出身大学や偏差値についてもチェック!

9月9日から男子バレーが開幕しましたね。

日本は初戦でエジプトと戦い3−2で苦しくも勝利し幸先のいいスタートを切ることができました。

男子バレーを見ていると何人か気になる選手が日本にはいました。2〜3年前に比べると知っている選手が清水選手と米山選手ぐらいしかいませんでした。

Sponsored Link

いわゆる世代交代ってやつですね。

関連記事↓

清水邦広の眉毛が話題に!中島美嘉との馴れ初めについてもチェック!

中でも気になったのが石川選手と出耒田選手です。

石川選手については前に記事に書いたので今回は出耒田選手について書きたいなと思います。

関連記事↓

石川祐希の腹筋がすごい!?中学や彼女についてもチェック!

出耒田選手の中学や高校についてはこちらを↓

関連記事

出来田敬の中学や高校はどこ?内定されたチームについても!

まずは出耒田選手のプロフィールから

出耒田敬選手のプロフィール


150420_dekita

1991年8月13日(24歳)

出身地 北海道札幌市

身長 199cm

体重 88kg

血液型 A型

所属 堺ブレイザーズ

愛称 できた

ポジション OP / MB

指高 255cm

利き手 右

スパイク 350cm

ブロック 335cm

出耒田選手の経歴 


出耒田選手の経歴について調べてみました。

出耒田選手選手がバレーを始めたのは札幌市立星置中学校に入学した2004年からでバレーをしていた兄の影響を受けバレーボールを始めたそうです。

スポーツ選手って家族がやっていたからやり始めたって選手が多いんですよね。

Sponsored Link

出耒田選手は星置中学で全国都道府県対抗中学大会に出場しある賞を受賞しました。

中学から始めたのにもかかわらず出耒田選手は全国大会にでて賞を獲得するのですから相当才能があったのでしょう。

その賞とはJOC・JVAカップです。

この賞は将来のオリンピック選手として最も有望とされる選手に送られる賞です。

このころから、注目されていて現に日本代表としてオリンピックを目指している選手になっているんですからすごいですよね。出耒田選手はこの賞をもらって絶対にオリンピックに行くと思ったに違いません。

高校は札幌第一高校に入学し、高校三年生時には全日本のメンバーに選ばれています。

出耒田選手について全日本の選手は199cmと日本人としては規格外な素材と表現し、ジャンプの質が他の選手と違うと絶賛していました。

また、出耒田選手は大学2年生までミドルブロッカーでしたがその後はオポジットとして経験を積んできました。出耒田選手は同じオポジットの清水選手の後継者候補として期待されています。

出耒田選手本人も清水選手がパワーがウリなら自分は高さを売りにできますと語っていました。

今大会も、高さを生かして活躍していますね。エジプト戦の戦いを見て今回の男子は強いなと思いました。清水選手を筆頭に石川選手や出耒田選手が活躍してリオオリンピックの切符をつかんでほしいですね。

出耒田選手の出身大学や偏差値について!


出耒田選手の出身大学偏差値について調べてみました。

出耒田選手の出身大学を調べてみたところ筑波大学体育専門群出身だそうです。偏差値は58でした。

筑波大学の卒業生で主な有名人はなでしこジャパンにも選ばれた猶本光選手や川崎フロンターレ所属で日本代表にも選ばれた谷口彰悟選手などがいます。

関連記事↓

谷口彰悟がイケメンで話題! 彼女は誰? 三浦春馬に似ている?

筑波大学体育専門群の偏差値は58ですが出耒田選手の出身高校である札幌第一高校はかなりの進学校で文理クラス合格ラインは偏差値69以上だったそうです。

今大会でも偏差値70と紹介されていますし出耒田選手は相当頭がいいのだと思います。

前に偏差値70のことについて聞かれ高校時代はなんでも”できた”と自分の名前とかけて言っていました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする