男子バレー出来田敬の読み方や出身地についてチェック!

男子バレーの世界最終予選兼アジア予選が5月から始まります。

<関連記事>

男子バレー世界最終予選兼アジア予選の日程は?リオ五輪出場なるか!

この大会の結果次第でリオへ行けるかどうかが決まってきます。

今回は、男子バレー日本代表の選手を1人紹介したいと思います。

今回紹介する選手は出来田敬選手です。

Sponsored Link

出来田敬選手のプロフィールと読み方

名前・出来田 敬

愛称・デキタ

生年月日・1991年8月13日

年齢24歳

身長・200cm

体重・88㎏

血液型・A型
所属チーム・堺ブレイザーズ
(Vプレミアリーグ)

ポジション・ミドルブロッカー
オポジェット

スパイク最高到達点・350cm

ブロック最高到達点・335cm

利き手・右利き

出来田選手の読み方ですが、”できたたかし”と読みます。

出来田という苗字は日本でも珍しいので、読めない方が多いみたいですね。

出来田敬選手の経歴や出身地

学歴・札幌市立星置中学校

札幌第一高等学校卒業

筑波大学体育専門学群

高校について!

札幌第一高校の偏差値は69もあるそうです。

ほぼ70あるということで、頭も良くてバレーも上手いということで出来田敬選手は話題になっているようです。

中学校1年生でバレーボールを始めた出来田敬選手は卒業後、スポーツの名門高校である札幌第一高等学校に進学。

Sponsored Link

この高校は男女共学の私立高校でクラブ活動などスポーツに力を入れて いる学校で各スポーツクラブが北海道 代表として全国大会に出場するなど
スポーツの名門学校として有名な進学校です。

この高校は国公立大学にも合格者を出している進学校で勉強をきちんとしていかないと授業についていけなさそうです。

出来田敬選手も高校時代はバレーと学業の両立が大変だったのではないでしょうか。

大学について!

大学時代についてですが、大学は筑波大学に進んだそうです。

かなりの強豪大学に進んだみたいですね。

大学時代は全日本バレーボール大学選手権に出場し優勝されています。

しかも最優秀選手に選ばれるほどの活躍だったようです。

現在も日本代表に選ばれているほどの選手ですが、大学時代から化け物のような実力を持っているのでしょうね。

また在学中にインターンシップ(インターンシップ(英: Internship)とは、特定の職の経験を積むために、企業や組織において労働に従事している期間のことです)して、Vチャレンジリーグのつくばユナイテッドに所属していたこともあるそうです。

バレーボールの選手でもインターンシップという制度があるのは初めて知ったのですが、きっとこのようなインターンシップに参加することで内定も安定してもらえるのでしょう。

まとめ

中1からバレーを始めて 頭も良く スポーツの優れた高校、大学と進んでいたのですね。

男子バレーの世界最終予選兼アジア予選での出来田選手の活躍に期待ですね!

こちらの記事もどうぞ↓

男子バレー出耒田(できた)敬の経歴は?出身大学や偏差値についてもチェック!

出来田敬の中学や高校はどこ?内定されたチームについても!

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする