野球の変化球は全部で何種類あるのか調べてみた 

野球においてピッチャーは様々な種類の変化球を投げます。有名なのはカーブやフォークですよね。

しかし、変化球はカーブやフォークだけではありません。

例えば、現ヤンキースの田中将大投手が得意とするスプリットフィンガーファストボールはフォークと同じように下に落ちる変化球です。

カーブにおいても、スローカーブやナックルカーブなどカーブだけでも様々な種類があります。

今回は野球の変化球の種類は全部で何種類あるか調べてみました。またその変化球を使用している選手も一緒に書いておきます。

Sponsored Link

野球の変化球の種類は全部で何種類?


 78ef4d9a6db9d968282f85866c604b7b3速球系の変化球

フォーシーム

フォーシームとは、ボール1週で縫い目が4回通過することからフォーシームと呼ばれています。簡単にいえばフォーシームはストレートのことですね。

使用している主な選手 全選手

ツーシーム

ツーシームとは、ボール1週で縫い目が2回通過することからツーシームと呼ばれています。ツーシームは少し落ちるストレートだと思ってください。

使用している主な選手 藤浪晋太郎投手 山崎康晃投手

ワンシーム

ワンシームとは1本の縫い目だけに指をかけて投げる球種です。ツーシームよりもさらに落差があります。2010年にダルビッシュ有投手が公表し世間に広まりました。

使用している主な選手 ダルビッシュ有投手 菅野智之投手

カットボール

カットボールとはボールを切るように投げることからカットボールと呼ばれています。ヤンキースで抑えだったリベラ投手が使っていた球種として有名です。日本の投手が投げるカットボールはスライダーに近いものが多いです。

使用している主な選手 リベラ投手 高木勇人投手

横に変化する変化球

スライダー

スライダーには2種類の変化があり投手の利き腕と反対に曲がる変化の横スライダーとジャイロ回転をして縦に落ちる変化の縦スライダーがあります。

使用している主な選手 前田健太投手 杉内俊哉投手

シュート

シュートとは比較的速い球速で投手の利き腕方向に曲がる変化球です。つまらせたり、ファールを打たせるのに有効な球種です。

使用している主な投手 西村健太朗投手 岩隈久志投手

スラーブ

スラーブとはカーブとスライダーの中間の変化球でスライダーよりやや斜めに変化をします。

使用している主な投手 岩田稔投手

Sponsored Link

縦に変化する変化球

カーブ

代表的な変化球の1つです。遅い球速で打者とは反対方向に曲がります。ストレートとおりまぜることで緩急をつけたピッチングができます。

使用している主な選手  岸孝之投手

スローカーブ

カーブよりも球速が遅い球種です。80〜90km/hのスローカーブを投げる投手もいてストレートとの球速差は40〜50km/h

にもなります。

使用している主な投手 ダルビッシュ有投手

ナックルカーブ

ナックルカーブは人差し指と中指を立てて握るカーブです。ナックルカーブは普通のカーブよりも制球するのが難しいです。

使用している主な投手 五十嵐亮太投手

シンカー

シンカーは直球のボールが曲がりながら落ちる球種です。シンカーとスクリューボールは全く同じ球種ではない。

使用している主な投手 摂津正投手

フォークボール

フォークボールは人差し指と中指の間に挟んで投げます。握り方がフォークと似ていることから名付けられました。暴投を起こすリスクもあるが三振を取りやすいというメリットもあります。

使用している主な投手 マシソン投手 能見篤史投手

SFF

フォークボールと似たような握りをしますが、フォークボールより球速が速く小さく落ちます。フォークボールよりも見極めが難しいです。

使用している主な投手 田中将大投手

チェンジアップ

チェンジアップはボールを鷲掴みするように握って、ストレートと同じ振りから投げる遅い球種でバッターのタイミングをずらす変化球です。

使用している主な投手 杉内俊哉投手 金子千尋投手

パームボール

パームボールは手のひらで包み込んで押し出すようにして投げる球種です。球速は遅く回転も少ないです。リリースした直後に縦に大きく変化をします。

使用している主な投手 浅尾拓也投手

今回、変化球について調べましたが、正直こんなにあるとは思いもしませんでした。私が知っていたのはカーブやフォーク、スライダーなどのごく一般的な球種しか知らなかったので笑

これからは、プロ野球中継の時、ボールの変化に注目してみたいと思いました。

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする