中村紀洋現在、性格が問題で引退か? 現在の年収は?

近鉄や中日で活躍した中村紀洋選手。2014年にDeNAベイスターズから戦力外通告を受け自由契約となりました。

まだ、引退してないので選手と呼ばせてくださいね笑

現役続行を表明しましたが獲ってくれる球団はありませんでした。引退をせず球界から退く形となってしまいました。

Sponsored Link

そんな中村紀洋選手の現在とは…

中村紀洋選手の現在は?


p_nakamura

今もなお現役復帰にこだわっている中村選手は自主練に励んでいるそうです。

西武や中日が興味を示したが結局獲ることはありませんでした。

やはり、チームの和が乱れるのを恐れているのでしょうか。

最近中村紀洋選手は2015年5月5日に野球教室を開講したそうです。中村紀洋選手曰く、2000本安打を達成したのが2013年5月5日だったから、5月5日に開講しようと思ったらしいです。

野球教室の名前はN’s Method(エヌズ メゾット)といい、技術を鍛えるのはもちろんのこと「守備や打席に入った時の集中力と勝負強いバッティング」などメンタルの強化にも力を注ぐそうです。

中村選手は守備も上手かったですし、勝負強かったので信用できますね。

本気でレベルアップを目指す人であれば、おっさんでも入れるらしいです笑

あの豪快なバッティングと華麗な守備が見たいので、また日本球界に戻ってきてほしいです。

中村紀洋選手の性格は?


球界一のトラブルメーカー言われている中村紀洋選手。性格はどうなのでしょうか?

中村選手は昔からトラブルメーカーと呼ばれ、度々、言動も話題になっていました。

最近では、DeNAに在籍していた時中村選手の打席で盗塁をした内村選手に対して「なぜ勝手に走るんだ」とキレたり、チームのムードを壊すような発言をしたり、首脳陣を困らせるなど性格や発言によって自分の首を絞めているとしか思えません。

野球はチームでやるものですからね。

打撃や守備が1級品であっても、他人から評価されなければ何の意味もありません。

自分の性格を見つめ直して、また選手や監督として球界に戻ってきてほしいものです。

Sponsored Link

中村紀洋選手の現在の年収は?


野球界から退いた今、収入源はどこなのでしょうか?予想ですが、野球教室で収入を得ているのではないでしょうか?

そこで野球教室のレッスン費を調べてみました。

レッスン費

会員登録費 20000円/年 *保険代含む
レッスン費/月
コース レッスン費 追加レッスンチケット
月4回 40000円 9500円/1回 95000円/11回
月8回 76000円 9000円/1回 90000円/11回

意外と高いですね笑

収入は低くても今までたくさん稼いだから生活には困らないのではないでしょうか笑

下に中村選手のプロフィールとこれまで稼いだ金額をかいておきます。

中村紀洋選手のプロフィールと年俸推移


プロフィール

1973年7月24日生まれ
身長180cm 体重92kg 右投右打 内野手

所属球団
大阪近鉄バファローズ(1992-2004)
オリックスバファローズ(2004)
ロサンゼルスドジャース(2005)
オリックスバファローズ(2006)
中日ドラゴンズ(2007-2008)
楽天ゴールデンイーグルス(2009-2010)
横浜ベイスターズ(2011-2014)

年棒推移
1991 契約金4000万
1992 430万
1993 550万
1994 660万
1995 1600万
1996 3190万
1997 6000万
1998 5600万
1999 8800万
2000 1億4000万
2001 5億
2002 5億
2003 5億
2004 5億
2005 5000万
2006 2億
2007 600万
2008 5000万
2009 1億5000万
2010 1億5000万
2011 500万
2012 1500万
2013 3000万
2014 5000万

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする