2016年プロ野球順位予想!セリーグ編

今年のプロ野球はたくさんの記録が誕生しましたね。

山田哲人選手と柳田悠岐選手が二人揃ってトリプルスリーを達成しました。セパ同時での達成は史上初となります。

Sponsored Link

また、山田選手はホームラン王と盗塁王を獲得しました。同時に達成するのも史上初だそうです。

秋山翔吾選手はプロ野球記録となるシーズン216安打を達成しました。

今年のセリーグは近年稀に見る接戦を繰り広げました。

今年のプロ野球はいろんな視点から楽しめたと思います。

今回は、少し早いですが来シーズン2016年のプロ野球の順位予想をしたいと思います。

今回はセリーグ編です。

※注意ですが個人的な意見なので、みなさんとの見解が違うこともありますがご了承ください。

2016年プロ野球順位予想 セリーグ編


1位 ヤクルト

今年のような打撃が来シーズンもできれば連覇の可能性も高いでしょう。

なんと言っても2番川端、3番山田、4番畠山の並びは相手投手にとって大きなプレッシャーを与えることになります。

また、打線のキーマンはバレンティンになってくると思います。

今年は怪我の影響で数試合しか出れませんでしたが、来シーズン開幕から出られるとなると打線にグンと厚みが増します。

投手陣は先発が石川、小川、成瀬など実績のある投手が揃っており中継ぎ陣もロマンやオンドルセクなどの外国人を筆頭に秋吉、九古などがいます。

さらに抑えには、今シーズン最多セーブを獲得した絶対的守護神のバーネットがいます。

悩みがあるとすれば1番に誰を置くかですね。ドラフトで1番候補の高山の交渉権を逃してしまいましたから。となると候補は上田か比屋根ですかね。

2位 阪神

2位には阪神を予想しました。

先発投手では今シーズン14勝をした藤浪の成長が著しいですね。

だだそれ以外の能見、メッセンジャー、岩田などの選手が今シーズン不調だったのでこれらの選手が好成績を残すことがあれば優勝もみえてきます。

ただ、打線が心配ですね。今シーズン限りでマートンが退団濃厚なのでその穴を誰が埋めるかが鍵となってきます。

私のオススメ選手は江越か一二三、ドラフト1位の高山ですかね。

金本監督がどう言った戦い方をするのかに注目ですね。

また、例年のシーズン終盤の失速をなくすことが大事になってくると思います。

Sponsored Link

3位 巨人

3位は巨人を予想しました。

9年間巨人を率いた原監督が今シーズン限りで退任しました。

新しい監督には高橋由伸になりました。由伸は監督経験がないため不安がありますね。

また、監督に専念するため由伸は引退し、さらには井端も引退をしてしまいました。

この二人がいなくなるというのは打撃、守備において大きな戦力ダウンになると思います。

また、今シーズンのように打線がシーズンを通して不調ならBクラスもありえるかもしれません。

マイコラスが残留するか否かで大きく違ってくると思いますね。

投手陣が安定しているのと、優勝経験の豊富さで3位としました。

4位 DeNA

4位はDeNAを予想しました。

今シーズンの前半戦は驚異的な強さで首位で折り返しましたが、交流戦で最下位になったのを皮切りに失速し最終的には最下位で終えました。

前半戦好調だった選手たちが、皆揃って不調になったことが原因ですね。

1番の心配は先発の駒が少ないこと。先発がどれだけ活躍できるかが鍵となってきます。

また、今シーズンルーキーながら抑えとして活躍した山崎が2年目のジンクスを乗り切れるかですね。

打線は筒香を筆頭に強力です。シーズンを通して打線が好調ならAクラス入りもありえるかもしれません。

また、新監督のラミレスの采配にも注目しましょう。

5位 中日

5位は中日を予想しました。

例年、Aクラスの常連だった中日はここ数年でBクラスの常連になりつつあります。

その理由としては投手陣の安定さがないということです。先発、中継ぎ、抑えとともに2015年は安定がありませんでした。

また、谷繁、和田、小笠原が今シーズンで引退し、ルナも退団が濃厚なので打線に怖さがないです。

引退した選手の穴を埋めることが上位への鍵となってくるでしょう。

その穴を埋めるには若手の台頭が必要ですね。

6位 広島

6位は広島を予想しました。

最下位に予想した最大の理由は今シーズンのオフに前田健太がメジャーへ行ってしまう可能性が高いからです。

また、黒田の去就もわからないため最悪、黒田と前田の二人がいなくなる可能性があります。

そうなると圧倒的な戦力ダウンです。

打線に関しては丸と菊池の活躍が鍵となってきそうですね。

エルドレッドもシーズンを通して試合に出場することができればCS圏内も見えてきそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする