2016プロ野球順位予想!パリーグ編

今年のプロ野球は色々な記録が生まれ、ファンとしては充実したシーズンでした。

また、セリーグは藤波晋太郎選手、パリーグは大谷翔平選手の成長が伺えたシーズンでした。

Sponsored Link

藤波選手は14勝、大谷選手は15勝と高卒3年目としては素晴らしい成績ですね。

もう、日本を代表する投手へと成長しました。将来的には二人揃ってメジャーに挑戦して欲しいですね、

今回は、少し早いですが2016プロ野球の順位予想をしてみたいと思います。

今回はパリーグ編です。

※注意ですが個人的な意見なので、みなさんとの見解が違うこともありますがご了承ください。

2016年プロ野球順位予想 パリーグ編


1位 ソフトバンク

ソフトバンクがリーグ3連覇を達成すると思います。

何と言っても、圧倒的な戦力の豊富さ。打線、投手ともに隙がありません。

打線では柳田、内川、イデホが中心になってくるでしょう。また、キャッチャー高谷のリードにも期待をしたいですね。

今年怪我でわずかの試合出場に終わった長谷川にも期待です。

投手陣では摂津が今年、今ひとつだったので頑張ってもらいたいですね。

また、今年松田選手がFAを獲得しますが、ソフトバンクは全力で引き止めると思いますね。

Sponsored Link

2位 西武

2位には西武を予想しました。

今年は216本の安打を打った秋山が来年も1番として活躍するでしょう。

また、2冠の中村を4番に据え、その前後をメヒア、浅村、森らなど強打者で固めることで相手ピッチャにとっては脅威だと思います。

投手では先発が豊富で岸、菊池、十亀、牧田、野本などが揃っています。

しかし、中継ぎの駒が少ないのも欠点である。抑えの高橋もシーズンを通して安定したピッチングができれば優勝も見えてくると思います。

夏場以降の戦いがキモになってきますね。

3位 日本ハム

3位には日本ハムを予想しました。

日本ハムはここ数年安定した戦いを見せているのでCS圏内に入る可能性は十分高いです。

先発陣では大谷が著しい成長を見せていますし、有原、吉川、メンドーサと勝てる投手が揃っています。

抑えの増井が今年のような安定したピッチングをしてくれれば頼もしいですね。

打線では、若手選手の活躍が鍵だと思いますね。西川、中島、杉谷、浅間らが良い成績を残すことができれば優勝も見えてきます。

4位 オリックス

4位はオリックスを予想しました。

今年、大型補強をして優勝候補でしたが5位に終わりました。補強した選手のほとんどが怪我や不振などで活躍しませんでした。

また、糸井や金子など主力選手の相次ぐ怪我や不振で泣かされ散々なシーズンとなりました。

来年はシーズンを通して離脱者を最小限に抑えることができれば3位圏内も十分狙えると思います。

5位 ロッテ

5位にはロッテを予想しました。

今年、ロッテが3位になった理由の一つとして涌井の復活が挙げられます。今年は15勝し最多勝を取るなど復活のシーズンとなりました。

涌井以外に安定した先発というのは石川ぐらいなのですこし先発の駒が少ないように感じますね。

打線では清田の成長しましたね。今年は柳田と秋山の陰に隠れていましたが彼も首位打者を争った一人です。

安定した守備で活躍したクルーズの動向が気になるところですね。

6位 楽天

6位には楽天を予想しました。

今年は大久保監督でシーズンを迎えました。盗塁を積極的にする機動力野球を掲げていましたが失敗することが多く散々なシーズンとなってしまいました。

今年、最下位だった1番の理由は打線にありました。12球団ワーストの打率ですし、まぁ外国人選手が打ちませんでしたね。

主力の銀二も怪我で長い期間離脱していましたし、最下位なるのは仕方ないと思いました。

また先発も安定しているのが則本ぐらいしかいませんでしたからね。

来シーズンからは梨田新監督になるのでどういった野球をするのかに期待ですね。

また、ドラフト1位のオコエが1軍で活躍できるかにも注目です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする