ラグビー田村優の弟や経歴についてチェック!

ラグビーワールドカップ2015が開催中ということで、毎日ラグビー日本代表選手を一人一人紹介していきたいと思います。

今回はラグビー界の天才的プレーヤーである田村優選手を紹介したいと思います。

Sponsored Link

田村選手が天才的プレーヤーと呼ばれるのはラン、パス、キックの全てにおいて超一流の技術を持っているからです。

日本が南アフリカに勝利した時も、超一流の技術を生かして勝利に貢献をしました。

日本代表のエディ・ジョーンズヘッドコーチがトップリーグで一番うまいと絶賛するくらいですから相当なラグビーの才能を田村選手は持っています。

そんな田村選手の経歴について調べてみました。

まずは、田村選手のプロフィールから

田村優選手のプロフィール


30_tamura-2

1989年1月9日 26歳

出身 愛知県岡崎市

身長 181cm

体重 92kg

愛称 ゆう

血液型 O型

ポジション CTB(センター)/SO(スタンドオフ)

NECグリーンロケッツ所属

田村優選手の弟について


田村選手にはがいます。

弟の名前は田村熙(ひかる)さんといい現在、明治大学4年生でラグビー部の中心選手として活躍しています。

熙さんは中学まではサッカーをしていたそうなんですが、なんらかのスポーツで成功したいと思い、ラグビーを始めました。

高校は国学院栃木に進学し、そこで一気にラグビーの才能が花を開きます。

3年生の時には高校日本代表候補に選出されたりもしました。

兄弟でスポーツをやっている人たちはよく兄弟で比べられることがあります。熙さんも兄の優選手と比べられました。

しかし、熙さんは気にせずただひたすらラグビーに打ち込んでいたそうです。

熙さんは兄の優選手のことをこう語っています。

「兄は良い見本だけど目標ではない」

ラグビーワールドカップで活躍している優選手と同じように日本代表として活躍できる選手になって欲しいですね。

Sponsored Link

田村優選手の経歴


田村選手の経歴について調べました。

田村選手は甲山中学校時代はサッカーをやっていました。キックが良いのはサッカーをしていたためだと思われます。

ラグビーを始めたのは國學院栃木高校に進学してからです。

ラグビーは高校から始めるって人が多い印象がありますね。

国学院栃木高校に進学した理由はかつてトヨタで活躍し豊田自動織機の総監督を務めたこともある父の誠さんと国学院栃木ラグビー部の顧問の先生である吉岡先生が知り合いだったからでした。

吉原先生はラグビーの基礎を徹底的に指導してくれた素晴らしい指導者と田村選手は言っています。

野球やサッカーとは違い高校からラグビーを始める人が多いからだそうです。

大学は明治大学に進学し、1年生からレギュラーとして活躍しました。

大学卒業後に加入したNECグリーンロケッツでは現在も中心選手として活躍をしています。

今季のオフにはスーパーラグビーのハイランダーズに練習生として参加をしました。

スーパーラグビーでは、同じ日本代表の田中史朗選手がプレーしていますね。

関連記事

ラグビー田中史朗の嫁は元バトミントン選手!?中学や経歴についてもチェック!

まとめ

田村選手の弟は明治大学4年でラグビー部所属の田村熙さん。

田村選手は中学まではサッカーをしていてラグビーを始めたのは高校から。

大学は明治大学で、現在はNECグリーンロケッツ所属。

今回は田村優選手について色々と調べました。

田村選手の家族はラグビー一家だとわかりました。

田村選手は日本代表の中でも天才と言われるほど技術の高い選手です。パス、キック、ランはどれも一級品で見ていてとても楽しいです。

ラグビーワールドカップ2015の初戦で南アフリカに大金星をあげましたが、2戦目のスコットランド戦では惜しくも敗れてしまいました。決勝トーナメント進出にむけてのこりの試合はとても重要になってきます。

のこりの試合を勝つためには田村選手の力は絶対に必要になってくると思います。

日本代表が決勝トーナメント進出できるようにテレビのまえで応援しましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする