里崎智也 引退した理由とは? ロッテに入団した理由が面白い

千葉ロッテマリーンズや日本代表で活躍された里崎智也さんは2014年の9月28日に引退試合を行い、15年のプロ野球人生に幕を閉じました。

現在、里崎さんは千葉ロッテマリーンズのスペシャルアドバイザーを務めています。

Sponsored Link

そんな里崎さんが引退した理由はなんだったのか気になったので調べてみました。

また、里崎さんが千葉ロッテマリーンズに入団した理由が面白いので紹介します。

まずは里崎さんのプロフィールから

里崎智也さんのプロフィール


PN2014091101001039_-_-_CI0003

1976年5月20日 39歳 右打右投

身長 175cm

体重 94kg

ポジッション 捕手

初出場 2000年 4月6日

1998年ドラフト2位

鳴門工業高校

千葉ロッテマリーンズ(1999ー2014)

日本代表歴 北京五輪 2006年WBC

引退した理由とは?


里崎さんは現役時代千葉ロッテマリーンズで2度の日本一と2006年のWBCで優勝をし世界一になりました。

そんな里崎さんが引退した理由について調べてみました。

里崎さんが引退した大きな理由としては怪我が多かったのが原因みたいです。現に2014年にも手術をしています。

やはりキャッチャーというポジションは怪我が多くて大変ですね。

巨人の阿部選手も怪我が原因でファーストにコンバートされましたし…

また、2012年ロッテの監督に伊東監督が就任しました。伊東監督が就任するとわかった里崎さんは、キャッチャーの若返りがテーマになると感じたそうです。

里崎さん自身もロッテの将来に絶対必要なことだと思ったそうです。

里崎さんは日本一に2度輝いたのとWBCで優勝したこともあり全く悔いはないと言っています。

私は、2010年の千葉ロッテマリーンズの快進撃は未だに忘れられません。

2010年の千葉ロッテマリーンズのペナントレースの結果は3位でしたが、見事クライマックスシリーズを勝ち進み日本シリーズへと進出しました。

Sponsored Link

2010年の千葉ロッテマリーンズ対中日ドラゴンズの日本シリーズはここ20年で1番のシリーズだったのではないかと私は思います。

2010年のときに里崎さんが「最高の下克上を見せる」と言っていたのを今でも覚えています。その里崎さんの言葉通り、千葉ロッテマリーンズは史上初の3位からの日本一となりました。

里崎さんには今までお疲れ様と言いたいですね。また結婚をしたみたいなので家族でゆっくりしてほしいです。

ロッテに入団した理由


里崎さんが千葉ロッテマリーンズに入団した理由が面白いので紹介します。

里崎さんは1998年ドラフト2位で千葉ロッテマリーンズに入団しました。

ドラフトといえば球団から指名されるというのが普通ですが、里崎さんは逆指名をしたそうです。

逆指名とはチームと選手が相思相愛なら成り立つ権利です。いくら選手本人が行きたいと言っても、球団が欲しいと言わなければ球団から獲得してもらえません。

里崎さんは正直千葉ロッテマリーンズに行きたかったわけではないそうです。

ではなぜ里崎さんは千葉ロッテマリーンズを選んだのか

それは千葉ロッテマリーンズが1番捕手レギュラーをとして出れる確率が高かったからです。

確かに、強くて人気のある球団に行っても、レギュラーを取れなきゃ意味がないですからね笑

里崎さんは好きな球団に行ったらプロに入っただけで満足で終わってしまうと思ったそうです。

里崎さんが入団するとき各球団には城島選手や古田選手などすごいキャッチャーがいたそうです。しかし千葉ロッテマリーンズは前年度に18連敗したこともあり、里崎さんは弱いとしか思っていなかったらしいです。

なので千葉ロッテマリーンズに入団したらレギュラーを取れると思い逆指名したそうです。

確かに里崎さんの決断は間違ってないですよね。やはり、プロ野球選手は試合に出てなんぼですから笑

レギュラーを取れないとわかる球団に自ら行くなんて無謀ですよね。

千葉ロッテマリーンズが18連敗したことについて書いた記事があるのでよかったら見てみてください↓

横浜DeNAベイスターズ12連敗!プロ野球の連敗記録は?阪神?広島?

Sponsored Link

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする